Home > ウルトラマンタロウ名鑑戯画  > 終わりなき世のめでたさを

★ 終わりなき世のめでたさを

モチロン

 うす怪獣 モチロン ~ 『ウルトラマンタロウ』 第39話 「ウルトラ父子餅つき大作戦!」 ラァーヴ!!

★ 贋作・ウルトラ怪獣名鑑戯画 ⑱ ★

 本来は餅を搗く為の用具が、餅を食べてしまうといった逆転劇。でも所詮は臼だから、最後は従前通り餅を搗かれる立場に収まって、めでたしめでたし。
 「月では兎が餅を搗いている」。人びとの純朴な思念が実体具現化。搗き手の兎は扠措き、「臼が主役」という奇抜さが、流石は『タロウ』の世界観。その名も“モチロン”!飛行船に垂下して地球に到達、手当たり次第に餅を喰い漁る健啖振りを発揮。自身の円筒形態を活かし横転移動、途上の民家を踏み潰しながら進撃します。さんざ餅を食べ捲くったが飽き足らず、「随一の米どころ・新潟へ行きたい」などと、高知方言丸出しで語る始末。相撲に負ければ、「自分が居なけりゃ月に影が無くなるよ」と脅迫紛いの開き直り。出自が荒唐無稽なら、所業も天衣無縫ですね。
 しかし餅屋は餅屋。「さあ、搗いて下さいな」と言わんばかりの見目形。臼そのままの機能的な姿は、初見からその帰結を裏切りません。出て来た瞬間に「下げ」が約束されてしまう、まあ“出オチ怪獣”とでも申しましょうか。畢竟そうならざるを得ない因果。本邦分野におけるパンクロック・シーンの嚆矢“ザ・スターリン”も、彼らの楽曲の中で歌唱していますよ。曰く「終わりがいつも一番最初に顔を出す」(ザ・スターリン 「爆裂ヘッド」より 1982年2nd.アルバム『STOP JAP』収録 作詞:遠藤ミチロウ)。或いは「どこまで行ってもオマエはオマエだ」(同 「MONEY」より)。などと...。
 さてウルトラの父に叱責され、喰い尽くした餅を返還すべく、臼として元来の役目を果たす事と相成ったモチロン。搗き手はタロウ、そして返し手は...(ここだけは意表を突いて)巨大化した南夕子!斯くて巨人たちによる月夜の餅つき。この狂宴、この絵面!シリーズ屈指の珍場面は、また違った意味でウルトラ原体験となりましょう。(因みに本エピソードを手掛けたのは、怪獣物に伝統風習を綯い交ぜてこます脚本家・石堂淑朗氏でした)
 ところで“モチロン”のネーミング。“勿論”に相通ずるのは言わずもがな。この後、モットクレロン(第43話)やベロン(第48話)と、三大駄洒落“ロン”怪獣の揃い踏みとなります。
 [次回は、ウルトラ兄弟とレオ兄弟を仲違いさせようとした卑怯な奴...] (怪獣ラァーヴ)

Data :

  • モチロン : 『HGウルトラマン』シリーズPART.24 ウルトラマン夕陽に死す編  (バンダイ 2000年)
  • 台座   : 『ゴジラ全集』シリーズFinal
              1973 ゴジラ対メガロ                             (バンダイ 2007年)
  • 民家   : 『帰ってきたウルトラ怪獣名鑑』シリーズ 怪獣総進撃
              03 怪獣総進撃(アーストロン)                       (バンダイ 2007年)
  • にほんブログ村で
他のおもちゃブログを
見てみる?
  • 人気ブログランキングで
他のおもちゃブログを
見てみる?
  • FC2 Blog Rankingで
他のおもちゃブログを
見てみる?

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://looovlog.blog59.fc2.com/tb.php/167-02864e4a
Listed below are links to weblogs that reference
終わりなき世のめでたさを from ウルトラ怪獣ラァー ヴ!ログ

Home > ウルトラマンタロウ名鑑戯画  > 終わりなき世のめでたさを

Feeds
Links
Meta
Books
  • ウルトラ怪獣名鑑戯画報
     

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

  •  

Page Top